カテゴリ

  • トピックス
  • コラム
  • 家づくりに重要なこと
  • スタッフブログ
  • 求人情報
  • ショールームは完全予約制です

インスタの経済効果 すっばらしい!

インスタの経済効果 すっばらしい!

おせちも「インスタ映え」を狙え。

百貨店各社のおせち商戦が本格化してきた。
今年はインスタグラムなどの交流サイト(SNS)の画像映えを
意識し、ウルトラマンなどの人気キャラクターを使って視覚に
訴える商品が目立つ。
若者を中心におせちを食べない人が増える中、見た目を重視して
関心を高める。
高島屋は円谷プロダクションの協力を得て、今年でテレビ放送開始
から50年を迎えた「ウルトラセブン」をテーマにしたおせちを販売した。
ウルトラセブンや 怪獣ダダを描いたかまぼこやパンナコッタ、
バルタン星人をイメージしたカニグラタンなどを詰めた。
重箱の蓋にもウルトラセブンを描いた。
3段重で価格は2万7千円。このほか、重箱に熊本県のPR
キャラクター「くまモン」をデザインしたミニおせちや受験生の合格を
応援しようと、縁起の良い5角の重箱を使った「合格応援おせち」
なども扱う。

一人暮らしや少人数世帯が増え、おせちは自宅で
調理せずに購入する動きが強まっている。
百貨店各社によると近年は1~2人前の小サイズや、
エビや和牛など高級食材を使ったおせちが人気だという。
スーパーやコンビニエンスストアと競争も激しくなる中、
小さな子供も意識して遊び心を取り入れ、商戦を盛り上げて行く考えだ。

出典:2017年10月日経MJ

ウズラのたまごは、めったに使わないなぁって思っていたら
こちらもデコ弁で人気、加工品が続々登場だそうです。

たしかに、お弁当って毎日毎日、何を入れようか?
たまにはお弁当でサプライズ!なんて考えてしまいます。
手軽にデコレーションができるのなら、購入するお母さんも
多いのではないでしょうか? 私もかわいい形のかまぼこなどに
すぐ手が伸びます。

「デコる!」をキーワードに経済効果はすごいのではないでしょうか!

page top