カテゴリ

  • トピックス
  • コラム
  • 家づくりに重要なこと
  • スタッフブログ
  • 求人情報
  • ショールームは完全予約制です

健康、快適、省エネな住まいと暮らしのアイディア!⑦

健康、快適、省エネな住まいと暮らしのアイディア!⑦

どうすれば、家の温度が下がって"心地よく過ごせる"の?

おとうさん:「熱を入れない」「熱を逃がす」

「日ざしをさえぎる」のがポイントだね!

熱を入れない

熱を溜めない 熱を逃がす

日ざしをさえぎる 日陰をつくる

熱を入れない ⇒断熱・遮断

ポイント① 屋根や天井の断熱をしっかりとする

太陽光との影響を強く受ける屋根や天井をしっかり断熱、

遮断することが重要です。

博士:まずは熱を入れないことが肝心なんじゃ。

ポイント②外壁の色や素材も影響します

外壁や屋根の色や素材によって、太陽の熱の吸収率

も異なります。

濃い色や蓄熱性の高い素材の場合、判断や通風などの

夏の暑さ対策が必要な場合もあります。

 

熱をためない・熱を逃がす⇒排熱・採風・創風

ポイント① 風邪がぬけるように窓を配置

風が通りやすい位置に窓を配置し、朝晩の涼しい時間帯

に窓を開けて室内にたまった熱を逃がす。

博士:溜まった熱を逃がすには、風の力を上手に使うのじゃ。

ポイント②1階から2、3階に風を通す

暖まった空気は上へ流れる性質があります。その家の中を

縦に流れる風を利用して熱を逃がしましょう。

おとうさん:風は、気持ちのいい家に欠かせないんだね!

ポイント③風をとりいれやすい窓の配置や窓のタイプ

をえらびましょう

窓は空けていれば同じだけ風が入ってくるわけではありません。

お隣の建物が近い場合などは、壁に沿って吹く風をつかまえ

やすい窓の配置がおすすめです。

博士:窓の取付ける位置や向きがポイント。

風を通す窓やドアも上手に使ってな。

家の脇を通る風を、効率よく取り込む「ウィンドキャッチ」が

有効です。

風を通す「雨戸」

風を通す「外付けルーバー」

風を通す「室内ドア」

おとうさん:いろんな工夫で、風を通して熱を

逃がすことができるんだね。
♪新築住宅・注文住宅・住宅リフォーム・リノベーションのアイデアに!ご活用ください♪

page top