カテゴリ

  • トピックス
  • コラム
  • 家づくりに重要なこと
  • スタッフブログ
  • 求人情報
  • ショールームは完全予約制です

健康、快適、省エネな住まいと暮らしのアイディア!⑤

健康、快適、省エネな住まいと暮らしのアイディア!⑤

暖かい家に引っ越して症状が改善

呼吸器系や皮膚系の疾患をもった方が、断熱性能の高い家に引っ越した

結果、症状が改善されたという調査結果があります。

・気管支喘息

・のどの痛み

・アトピー性皮膚炎

・アレルギー性皮膚炎

・手足の冷え

・アレルギー性鼻炎

かなえ:へー、暖かくなると、他にもこんなにいいことがあるんだ―。

博士:家を暖かくすると、健康にも良いのじゃ。

光熱費が安くなってママも大喜び

断熱性能を高くすれば、さらに暖房の効きが良くなり、光熱費を

押さえる事に繋がります。

■暖房に掛かる電気代のイメージ

部屋を同じ温度に保つ場合に、断熱性能が低いと熱が逃げてしまうので

暖房に掛る費用は上がってしまいます。また、寒い日ほど

暖房費の差が大きくなります。

おとうさん:いくら暖房しても、部屋全体は暖かくならないし、

博士:光熱費ばっかりかかって・・・

ドンドン光熱費がかかるんじゃ。

かなえ:光熱費が下がるのは、とってもうれしいわね。

3)家がサウナみたいに暑くて、夜も寝苦しい。

みんな夏の暑さ対策はどうしているんだろう?

・冷房する

・日陰に行く・日陰を作る

・屋外にいかない・安静にする

・朝夕の打ち水

・冷たい飲み物や食べ物をとる

・COOLグッズを使う

家の中にいても、”熱中症の危険”があるなんて知らなかった!

夏は、直接日が当たる昼間だけではなく、夜もその熱がこもって

しまいます。2階や3階はさらに天井からの熱で暑く感じます。

朝、夕の・・・リビング・寝室

一日中ムシムシする・・・2階、3階の部屋

家の中でも熱中症が心配です

博士:厚生労働省や総務省、国土交通省、環境省などから熱中症予防の呼びかけをしてるんじゃ。



♪新築住宅・注文住宅・住宅リフォーム・リノベーションのアイデアに!ご活用ください♪

page top